サンショウウオ

ウーパールーパーの種類別の値段はどのくらい?販売場所や飼育にかかる費用を紹介!

2019年6月14日

ウーパールーパーはあまりペットショップで見かけることはなく、欲しくなった時にどのくらいの値段が相場なのだろう?とわかりづらいかと思います。

今回はそんなウーパールーパーの値段や販売場所、飼育にかかる費用など紹介していきます。ペットとして迎えるためにどのくらいのお金が必要になるのか、チェックしていきましょう!

ウーパールーパーとは?

ウーパールーパーの値段

ウーパールーパーは外鰓(がいさい)がついたまま成長する珍しい両生類で、サンショウウオのような体つきと、真っ白な体やくりくりの瞳でペットとして人気を集めています。

北アメリカのメキシコにある湖や河川などの、水の流れや穏やかで綺麗な場所に生息しています。

寿命も平均して7年と、比較的長く飼育を楽しむことができます。寿命についてはウーパールーパーの寿命はどのくらい?長生きさせるための飼育方法を紹介します!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

ウーパールーパーの種類別の値段

ウーパールーパーの値段

ウーパールーパーには目が赤色なアルビノや、体が黒いブラックなどの種類がありますが、どれも値段は変わらず500円〜1,500円ほどで販売されています。

入荷量の違いもあり、ネット通販は値段が安くて700円前後、お店だと1,000円を超えることが多いです。

体色が金色のゴールデンや、目がはっきりと黒くなっている黒目、体の大きさが2/3ほどしかないショートボディなどは希少価値が高く、3,000円〜10,000円とかなり値段が上がります。

ウーパールーパーの販売場所

ウーパールーパーの値段

ウーパールーパーの販売場所はネット通販とホームセンターなどの実店舗で購入する方法の2つがあります。気温が暖かくなる、4月になると入荷数が増えてくるので、その時期になったら探してみましょう。

実店舗で探す場合には、熱帯魚専門店などにはおらず、一般向けの大型ペットショップやホームセンターのペットショップコーナーで販売されています。めちゃくちゃ人気があるわけではないので、探すのには少し苦労します。

ウーパールーパーは入荷状況が悪く、弱っていることが多いので、買う前に実際の生体を見れるメリットは大きいです。

Amazonや楽天などのネット通販でも生体の購入をすることができます。通販サイトでは珍しい種類や生まれたての赤ちゃんなども入手できるので、近くにペットショップがなければ探してみるといいですよ。

黒目やゴールデン、ショートボディなどが欲しいときは、ウーパールーパーの専門通販サイトで探さなければなりません。

ウーパールーパーの飼育にかかる費用

ウーパールーパーの値段

ウーパールーパーを飼育するためには、以下の設備が必要になってきます。初期費用では1万円ほどあれば十分ですよ。

体の大きさは20cmを超えてくるので、ちゃんとした熱帯魚用の水槽してください。

維持費用としては、人工飼料を食べてくれますので、1袋300円で2ヶ月ほど使うことができます。他にはフィルターと蛍光灯の電気代で毎月1000円程度、冬だとヒーターの仕様でさらにプラスで2,000円、あとは水換えの水道代に少しかかる程度です。

必要なもの

  • 45cm水槽
  • 蛍光灯
  • 底砂
  • ろ過フィルター
  • 100Wのヒーター
  • ウーパールーパーの餌
  • 水槽の蓋
  • 水換え用のバケツ
  • 掃除用のホース

まとめ

ウーパールーパーの値段

今回はウーパールーパーの値段や飼育にかかる費用など紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

生体の値段は500円〜1500円と安価で、飼育設備の費用は1万円も用意すれば、しっかりと飼育することができるため、気軽に挑戦しやすい生き物です。

気になった方はぜひショップに行って、お気に入りの一匹を見つけてくださいね。

関連記事
ウーパールーパーとは?生態と特徴、飼育方法を紹介します!必要な水槽や飼育の注意点は?

ウーパールーパーはとてもかわいい顔しており、飼い主さんにもなついてくれる生き物です。しかし、その生態の不思議には目を見張る物があります。 今回はそんなウーパールーパーの生態や寿命、必要な水槽、人気の種 ...

-サンショウウオ
-

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.