サラマンダー

タイガーサラマンダーの飼育方法を紹介!おすすめの餌や値段はどのくらい?

2019年8月23日

タイガーサラマンダーは美しい体色で、人工飼料を食べてくれる餌食いのよさから、観賞用のペットとして人気がある生き物です。

今回はそんなタイガーサラマンダーの生態や特徴、価格の相場、おすすめの餌、レイアウトなど飼育方法について紹介していきます。

タイガーサラマンダーの生態と特徴

タイガーサラマンダーの飼育

タイガーサラマンダーは両生網トラフサンショウウオ科に分類される最大の有尾類です。

北米やアメリカの東部に生息しており、山にある沼や河川の近くの涼しくて湿気ている環境を好んでいます。

幼生の頃はウォータードッグと呼ばれており、ウーパールーパーのように立派なエラをもって水中で生活しています。変態するとタイガーサラマンダーとなって上陸します。

夜行性で昼間は落ち葉の下や土の中で休んでおり、夜になったり、雨が降って湿気てくると餌を探して活動を始めます。餌はナメクジやミミズなど暗くてジメジメした場所を好んでいる生き物を補食します。

寿命

タイガーサラマンダーの寿命は平均して10年~20年です。

タイガーサラマンダーの種類

オビタイガーサラマンダー

生息地 テキサス、メキシコなどの北米
大きさ 20cm~30cm
値段 5,000円~10,000円

オビタイガーサラマンダーは観賞用としてもっとも普及している種類で、黒色の体色をベースに黄色のバンド模様が入っています。

トウブタイガーサラマンダー

生息地 アメリカ東部
大きさ 20cm~35cm
値段 5,000円~10,000円

トウブタイガーサラマンダーは黒色の体色をベースに黄色や褐色の不明瞭なスポット模様がある種類です。

ごくまれに突然変異でアルビノ個体が入荷されることがあり、白色の体色をベースに薄い黄色のスポット模様と赤い目がかわいいですよ。

タイガーサラマンダーの飼育に必要なものと環境

タイガーサラマンダーの飼育

必要なもの

  • ケージ
  • 床材
  • 水容器
  • シェルター
  • ライト

ケージ

タイガーサラマンダーの飼育容器はガラス水槽やプラケースを使います。横幅は体長の倍である、60cm以上は確保するようにしてください。

床材

床材には保湿性が高い、腐葉土や水苔、ソイルを使います。乾燥してきたら霧吹きで湿らせてあげましょう。

フンなどの有害物質が蓄積されていくため、半年に1回は全交換してください。

水容器

体の湿度調整のために水浴びをすることが多いため、タッパなど全身が浸かる大きさの水容器を用意しておきます。

水は毎日交換して、新鮮な状態を保ってくださいね。

シェルター

暗い場所を好んでいるので、隠れ家になるシェルターか落ち葉をいれておきましょう。

ライト

ライトはなくても問題ありませんが、観賞用に温度が上がりにくいLEDタイプのライトを入れると良いですよ。

ケージのレイアウト

タイガーサラマンダーのレイアウト

タイガーサラマンダーは水辺近くの陸地に生息しているので、カエルの飼育でもよく使うアクアテラリウムがよく似合います。

最初に水槽に浅く水を張って、砂利を敷き詰めていき、床面積の半分程度の陸地を作っていきます。陸地には植物や水苔など緑を増やしていって完成です。

タイガーサラマンダーの飼育方法について

タイガーサラマンダーの飼育

タイガーサラマンダーは丈夫な生き物なので、初心者にも飼育しやすいです。

販売場所

タイガーサラマンダーは人気の生き物なので、爬虫類専門店だと年間を通してコンスタントに入荷され、販売しています。

近くに爬虫類ショップがなければ、ネット通販で購入することも出来ます。

模様の個体差が激しく、体が大きくなるほど価格が高くなる傾向なので、お気に入りの1匹を見つけてくださいね。

適している温度

ヒーター

タイガーサラマンダーに適している温度は18度~25度の涼しい環境好んでいます。

暑さに弱いので、夏は冷房をつけ、冬には爬虫類用のヒーターをである暖突をケージの上に設置して、温めるようにしてください。

タイガーサラマンダーの餌やりについて

コオロギ

おすすめの餌

タイガーサラマンダーの餌はコオロギやデュビア(ゴキブリ)などの生きた昆虫が主食になります。

昆虫だけだと栄養の偏りがあるため、爬虫類用のカルシウム剤をまぶしてから与えましょう。

慣れてくると冷凍アカムシやツノガエル用の人工飼料もよく食べてくれるようになります。口を傷つけないように木製ピンセットでつかんで、目の前でゆらすことで食いついてくれますよ。

餌の量と頻度

タイガーサラマンダーはたくさんの餌を与えると、そのまま食べてしまうので、与えすぎて消化不良にならない様に注意する必要があります。

餌の頻度は3日に1回にして、量は頭部の2倍ほどの量を与えてください。デュビアだと1回の食事で3匹程度になります。

餌を食べない原因

タイガーサラマンダーは餌食いがいいので、餌を食べなくなる心配はほとんどありません。

餌を食べない時は、環境が悪化している可能性があるため、温度や水換えをきちんと出来ているか確認してください。

餌に飽きている可能性もあるので、ミルワームやナメクジなどいつもと違う餌を与えて様子見るものおすすめです。

タイガーサラマンダーについてまとめ

タイガーサラマンダーの飼育

今回はタイガーサラマンダーの生態と飼育方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。

タイガーサラマンダーは黒色と黄色の体色が美しく、鑑賞価値の高い生き物です。

飼育においても、人工飼料の餌付食いが良く、体が丈夫なので、気難しいはずの両生類でありながら初心者にも飼育しやすいです。

水の交換、湿度と温度の維持、床材の交換など、清潔な環境整えるための基本的なことに注力していれば、問題なく飼育することができますよ。

関連記事
強力な毒を持つ、ファイアサラマンダーの生態と飼育方法を紹介!環境や餌やりはどうする?

ファイアサラマンダーは黒色と黄色の美しい体色を持っていますが、これは警戒色で、皮膚からは強力な毒を分泌しています。 実際に飼育下で毒を出すことはめったになく、かわいい顔と美しい体色を楽しめるので、ペッ ...

-サラマンダー

Copyright© Woriver , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.