カワムツってどんな淡水魚?生態と特徴、飼育方法を紹介!最大の大きさや寿命、かかりやすい病気と治療方法は?

日本の清流性川魚の代表種とも言えるカワムツ。綺麗な水を美しい体で泳ぎ回る姿は見事の一言です。

今回はそんなカワムツについて生態や最大の大きさ、水槽の環境、餌など飼育方法を詳しく紹介していきます。

カワムツの生態と特徴

カワムツの飼育

カワムツはコイ科の仲間で黄色がかった銀色をベースに、真ん中に黒のラインが綺麗にはいる川魚です。

姿形はそっくりですが、遺伝的には2種類のカワムツがいると知られており、ウロコの枚数が多く胸ビレと腹ビレが赤くなるA型と、ウロコの枚数が少なく、胸ビレと腹ビレが赤色のB型に分かれます。

A型は四国と中国地方の間にある瀬戸内海付近の河川下流域に生息していますが、B型は静岡から西の河川上域に広く分布しています。

体の大きさ

平均して20cm前後の大きさ、最大サイズで30cmまで成長します。

繁殖期

気温が暖かくなる5月〜8月に繁殖します。2年で成熟して産卵を行います。

寿命

寿命は平均して3年〜4年です。

カワムツの飼育方法について

カワムツの飼育

カワムツは丈夫な魚なので、初心者にも飼育しやすいです。しかし、性格は荒く、攻撃性が強いので、混泳方法を間違えると殺し合いをしてしまうほどなので、飼育には注意が必要です。

飼育に必要な水槽の環境について

カワムツの飼育には最低でも60cm水槽が必要になります。泳ぎ回るのが好きなので、なるべく大きい水槽の方がその魅力を引き出せるでしょう。飼育数の目安は60cm水槽で5匹、90cm水槽で10匹です。

たくさんの酸素と横方向に強い水流、綺麗な水を好むので、ろ過フィルターはろ過能力が高い上部式フィルターがおすすめです。酸素量が少ない時はエアレーションを追加してあげてください。運動量が多いことですらっとして筋肉質な立派なカワムツに仕上がります。

驚くと水面から飛び跳ねることが多いので、水槽の蓋は隙間なくしっかりとしておいてくださいね。

値段と販売場所

カワムツの値段は1匹200円〜300円で販売されています。ホームセンターや熱帯魚専門店ではほとんどみかけないので、ネット通販で探してみましょう。

水槽のレイアウト

カワムツの水槽は生息地の清流を意識した石組みを中心にしたレイアウトがおすすめです。

水底には細かい砂と小さな石をミックスした川砂を敷き、バックに丸くて大きな石を積み上げます。そこにエアレーションでしっかりと泡を出してあげれば、見事な清流レイアウトに仕上がりますよ。

適している水温と水質

カワムツに適している水温は23度前後です。高水温に弱いため、夏は冷却ファンなど水を冷ます機器を準備してください。

低水温には強く、水が完全に凍らなければ越冬することができます。その場合全く動かなくなるため、鑑賞したい時はヒーターをいれておくといいでしょう。

水質は弱酸性〜中性を好みますが、水質の適応力が高いので、あまりきにする必要はありません。しかし、新鮮な水を保たなければならないため、週に1回は1/3の水換えを行なってくださいね。

おすすめの餌と与え方

キャット

カワムツは好き嫌いが少ない魚なので、慣らすと人工飼料でもしっかりと食べてくれます。餌は肉食魚専用餌であるキャットがおすすめです。

それでも野生で捕まえてきた時は、水槽の環境に警戒して全く食べないこともありますので、最初は冷凍赤虫や小エビなど用意しておくと安心です。

餌の頻度は1日1回、2分程度で食べきれる量を与えてくださいね。

カワムツの稚魚の育て方

カワムツの稚魚は孵化してから1週間はお腹についているヨークサック(栄養袋)から栄養を吸収するので餌をあげる必要がありません。

水中を泳ぎ回り始めたら、熱帯魚の稚魚餌で栄養価が抜群のブラインシュリンプを与えましょう。泳ぐのが苦手で、水槽が大きすぎると餌を食べられないので、最初は45cm水槽などの小型水槽から飼育を始めてください。

ブラインシュリンプについてはブラインシュリンプとは?孵化率をあげる沸かし方と熱帯魚への与え方を紹介します!で詳しく紹介しているので、ご参考ください。

混泳について

オイカワ

カワムツは成長するにつれて気性が荒くなる魚ですので、混泳する時は縄張りをもたせないように、5匹以上の群れで飼育する必要があります。

また同種の喧嘩はさけられないものと思って、大き目の90cm以上の水槽を準備することも大切です。

混泳相手は口に入らないサイズの個体であることを前提に、オイカワ、ウグイ、アブラハヤ、ドジョウなど同じ日本の川魚がおすすめです。

かかりやすい病気と治療方法

・白点病
白点病は各ヒレから白い点々が出始めて、最終的には全身が白い点々に覆われる病気です。カワムツに限らず、魚に多い病気で、寄生虫が原因です。感染力が強いので、すぐに発症した個体を別の水槽に移動させて、メチレンブルーで1週間薬浴してください。

・寄生虫
野生で捕まえてきたカワムツの体表には寄生虫がついている場合があります。すぐに水槽には入れずに、体表に傷がないかをチェックしてください。寄生虫を見つけたらピンセットで取り除き、塩分濃度0.5%の水で1週間塩浴させてください。3日に1回水換えを行うので、回復が早くなりますよ。

スポンサーリンク

カワムツの飼育についてのまとめ

カワムツの飼育

カワムツは清流に生息する日本の川魚の代表種です。

カワムツの魅力は水槽を元気一杯に泳ぎ回る運動量にあるので、大きな水槽で綺麗な水を維持して、立派に育てあげてください。飼いこむ程に成長して、迫力のある姿を鑑賞することができますよ。

性格はすこし荒いかもしれませんが、水槽の中でもかけひきもまた見ていて楽しいものです。ぜひ日本の清流の美しさを再現してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク